Home > RO > 152

152

ro_152

INT130のMEABのLvも順調に上がりまして140になりました。…死んでる? 気のせい気のせい。

メインWLのほうは相方相棒が遊べる時に動かそうと思うので、少し休憩です。キャラクター情報のページをそれぞれ更新しました。こうしてみるとやっぱり私はINT型が大好きみたいです。言わずとも知り合いズには知られていることではありますが! INT型も好きですが、極端なキャラクターが好きなのですよね。INT=DEXとか、DEX=AGIとか。後者が好きなら弓手をやれよと言われそうですが、私が動かすDEX=AGIはShadowChaserです。Rogueだった頃もChaserだった頃も+7ルドラの弓一本で生き抜いてきた子ですよ! この頃ボム遊びを覚えましたけれども。

さてMEAB、少しステータス振りに悩んでいます。キラキラするリンゴをかじってINT120、DEX120、にしてしまうのもありかな、と。というのも計算してみるとカルデュイの耳強すぎィ! ということに限るのですが。ダメージの上がり方がパない。すごい。なんなのってくらいパない。INT130を先に到達してしまっているので、このままだとDEX120になるのがLv153。これは先が長い。うーむ。禁断の果実を齧るかどうか、ちょっとお財布と相談したいところです。

ステータスで今現在一番悩んでいるのは実はSorcererなのですけれどもね! 持っている装備のおかげで、AGI80程度でもASPD193到達が可能なのですが、AGI80程度だとFLEEが足りずに避けられなくて被弾してしまうし…でもINTは120欲しいし…ぐぬぬ。しかしそれよりもなによりも、相方のSoulLinkerのLv上限突破は…まだですかね…? この子は相方と遊べないんじゃ意味ないんだよー! そんなわけでSorcererは魔法大会を回し、EXPが貯まってくるとリセットする不憫な子になっています。なのでLv114ですがjobは40あります。こちらも禁断の果実を齧ってI>A>D型になるかどうか考え中! です! 大魔法も使ってみたいよねえ…そうなるとある程度DEX振ることになるよねえ…でもそうするとスペルフィストで殴るときの詠唱止め、間に合うかなあ…。

…4000円かあ…(心が揺らぐ音)。

Comments:2

Leaf 16-01-17 (日) 2:42

カルデュイの耳は強いのもそうですが、魔法を撃つのが楽しくなるんですよね。(*´ω`*)
ただでさえDEX120を要求されて詠唱早くなってるのに、120だとさらに詠唱時間短縮のボーナスをつけてくれますので。

しかしMEを撃つときは私のAGI120のABちゃんも、Freeをまったく活かさずに敵の群れで囲まれ補正を受けながら詠唱しなければならないのがつらいところで、かつMEのおもしろいところだとおもっています。

speaklow 16-01-17 (日) 22:28

>Leafさん
DEX120のカルデュイの耳にはロマンがありますよね…! ということで、私も結局我慢できずにステータスリセットしてしまいました! …実はそのとき一度DEX122まで振ってしまって、フギャアアアアアアとなりながら、泣きながら確認しにいったらステータスリセット権がまだあったという…おかげでなんとかINTもDEXもぴったり120になりました。サブステはVITにするかAGIにするかで迷っているのですが、メインのWLのサブステはAGIにするつもりなので、MEABはVITにしておこうかなー、なんて考えています。AGIMEABの先にも幸あれ…! 楽しんだもの勝ちですね!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://speaklow.me/wp-trackback.php?p=1415
Listed below are links to weblogs that reference
152 from =)

Home > RO > 152

Search
Feeds
Meta
Copyrightcharacter_000
*RO
(c) GravityCo., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
(c) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

*FF14
Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

*BnS
© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.

Return to page top